大阪・高槻の誠実な対応で評判な保険代理店 株式会社リアルミッション

対面時の対応

対面時の対応

画像の説明

おはようございます!

多面的リスク回避の提案者 若林です。

昨日は、午前に経理の代わりに銀行に行き
諸々の手続きをおこなうことになりました。

日頃ほとんど銀行に行かないので現状の接
客対応はどのようなものなのかを意識して
みました。

順番の呼び出しカードをとって、待つこと
10分。

カウンターで目的を伝えると、部署が違う
らしく別部署の担当者に連絡し移動。

椅子に座り対面して数秒が経ち、

行員の方の第一声は無し…。

こちらから、
「〇〇の件で伺いました。手続きなどの流
れを教えてください」

行員
「お客様、当行とのご関係は…。」

私、
「メインバンクとしてお世話になっていま
す」

行員
「大変失礼致しました。この秋の異動でこ
ちらに着任したばかりで確認不足でした、
申し訳ございません」

私、
「手続きの流れを教えて頂けませんか」

行員
「一度、御社にお伺してその際に詳しくお
伝えできればと思います。ご予定はいかが
でしょうか」

私、
「今のところですが、来週の水、木、金の
10:00~12:00でしたら時間調整可能です」

行員
「承知致しました。折り返し日時のご指定
をさせて頂きお伺させていただきます」

私、
「よろしくお願いします」

行員の方が、異動で着任したばかりで知ら
ないは、銀行側の話であってこちらには関
係のないことです。

おそらく無意識に話しているのだと感じま
す。

ちなみに対応された行員の方は役付きの方
でした…。

このような行為を自分自身もお客様との対
面時に行っていないか考えました。

失礼な行為
不愉快な行為

本当に気を付けないといけないと感じまし
た。

会社の自分自身の信用にかかわる事です。

人の振り見て我が振り直せ

まさに昨日はそのような日でした。

コメント


認証コード6562

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional