大阪・高槻の誠実な対応で評判な保険代理店 株式会社リアルミッション

感染症はどうして起こるの?

感染症はどうして起こるの?

画像の説明

おはようございます!

多面的リスク回避の提案者 若林です。

本日は、インフルエンザや風疹などの感染症はどのようにしておこるのでしょうか、探ってみたいと思います。

・感染症とは?

人間や動物の体内、空気や水など自然環境や飲食物の中には、無数の微生物が存在します。

この微生物のほとんどは、人間にとって無害で、つねに共存しているものです。

しかし、人間の体内や皮膚の表面で増殖し、病気の原因となる微生物もいます。それが病原体です。

そもそも感染症とは、ウイルスや細菌などの病原体が、体内に侵入して増えることで引き起こされる病気の総称です。感染症にかかると発熱や下痢、咳、筋肉痛、関節痛、頭痛などの症状があらわれます。

・病原体はどこからくるの?

感染は、人間の体内や皮膚の表面に病原体が侵入し、増殖する状態になることを指します。

では、その病原体はどのような経路で、人間の身体の中や皮膚の表面にやってくるのでしょうか。

主に考えられるルートは、「経口感染」「接触感染」「血液感染」「空気感染」「飛沫感染」「節足動物媒介感染」の6つです。またインフルエンザなど、動物とヒトが同じ病原体に感染するものを人獣共通感染症と分類します。

また人獣共通感染症や節足動物媒介感染症は災害時に発生しやすくなります。

また、インフルエンザは「飛沫感染」が主な感染経路ですが、「空気感染」の可能性も疑われています。

このように病原体の中には、複数の感染経路を持つものもあります。

【出典:東京海上日動火災保険HP】
http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/

【リアルミッションHP】
http://realmission.co.jp/

【リアルミッションお問い合せフォーム】
http://realmission.co.jp/index.php?info

コメント


認証コード1023

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional