大阪・高槻の誠実な対応で評判な保険代理店 株式会社リアルミッション

命を救う勇気を持つために

命を救う勇気を持つために

画像の説明

おはようございます!

多面的リスク回避の提案者 若林です。

本日は、事故現場での応急手当の重要
性とその処置方法をみてみましょう。

交通事故が起きたとき、目の前に出血
の多い人や意識不明の人がいたら、迷
わず応急手当ができますか?

事故の当事者であれば、負傷者を救護
する義務が発生します。もし当事者で
なかったとしても、できれば助けたい
というのが人の情だと思いますが、な
かなか思うように行動できないかもし
れません。

・応急手当は命を救うチャンスです

2010年中の消防庁のデータ*によると、
心臓疾患以外の原因で心肺機能が停止
状態に陥った人を、一般市民が目撃し
たケースは18,401件です。

そのうち、救急隊が到着するまでに応
急手当が行われたケースは8,609件あり、
全体の46.8%を占めています。その1ヵ
月後の生存率は10.3%(890件)あり、応
急手当が行われなかった場合の6.8%
(661件)に比べると約1.5倍になります。

また、社会復帰まで至ったケースは
4.2%(365件)あり、応急手当が行われ
なかった場合の1.6%(161件)に比べる
と約2.6倍も高くなっています。

これをみると救急隊に引き継ぐまでの
応急手当が、命を救うチャンスになっ
ていることがわかります。しかし、実
際にその場に居合わせたとき、行動に
移せるでしょうか。

・迅速な応急手当が重要です

2010年6月の大阪市の市政モニター報
告書によると「心臓、呼吸が止まって
いる人と遭遇した場合、心肺そ生(人工
呼吸・胸骨圧迫)を行いますか?」の問
いに、36.8%の人が「行わない」と回
答しています。

心肺そ生を行わない理由(複数回答)と
して、人工呼吸や胸骨圧迫(心臓マッ
サージ)に「自信がない」という理由
が多数を占めています。

その他には「心肺そ生の方法がわから
ない」という意見もあり、応急手当の
正しい知識や実技を伴った体験がない
ために、静観する様子がうかがえます。

もし事故現場で救急隊が到着するまで
何もしなかったら、負傷者の症状が悪
化して死に至る可能性が高くなります。

ほんの少しの勇気を持って行動するこ
とができれば、命を救うことができる
かもしれません。

心臓停止後約3分、呼吸停止後約10分、
多量出血後約30分で死亡率が約50%を
超えるといわれています。

一方、2010年中の消防庁のデータ*に
よると、救急車が現場に到着するまで
の所要時間は全国平均で約8.1分、病院
などへ収容されるまでの所要時間は全
国平均で約37.4分かかります。

刻一刻と救命の確率は低下していきま
す。負傷者を救急隊に引き継ぐまでの
間、現場に居合わせた人が迅速に心臓
マッサージや、出血をおさえるなどの
応急手当を行えることが重要になりま
す。

・冷静かつ迅速に応急手当を行いまし
ょう

事故現場で負傷者が発生した場合、次
のように冷静かつ迅速に応急手当を行
いましょう。ひとりでは適切な応急手
当をすることが難しいので、周囲の人
にも助けをもとめましょう。

1. 安全な場所へ移動しましょう
事故現場が危険な場合は、負傷者を安
全な場所へ移動させましょう。

2. 救急隊を呼びましょう
手が離せない場合は、大声で「けが人
がいます」と助けを呼び、集まった人
に「あなたは119番に通報してください」
と指示を出しましょう。

3. 負傷者の様子を確認しましょう
肩などをたたき、「大丈夫ですか?」
と声をかけ、反応があるかを確認し応
急手当を行いましょう。

≪意識がなく、呼吸も心拍も感じられ
ない場合(心肺停止状態)≫

すぐに心臓マッサージを始めるととも
に、集まった人に「あなたはAEDを探
してください」と指示を出しましょう。

心臓マッサージは、手の甲にもう一方
の手を上からあわせ、胸の真ん中を圧
迫します。

  「強く」(5cm以上位沈む程度)
  「速く」(少なくとも1分間に約100回以上のテンポ)
  「絶え間なく」(連続)

AEDが届いたら、音声アナウンスの手
順に従い処置を行いましょう。

応急救護の訓練を受けていない方は、
無理に人工呼吸を行わずに、意識が
回復するか、救急隊が到着するまで
心臓マッサージだけを続けましょう。

≪出血がある場合≫

できるだけ清潔なハンカチやタオル
などで、傷口を圧迫し止血しましょ
う。感染防止のため、ビニール袋な
どを自分の手に着用し処置を行いま
しょう。出血がひどい場合には、傷
口より心臓に近い箇所をハンカチや
紐などで縛り止血しましょう。

・命を救う勇気を持つために、応急
救護の体験をしましょう

1994年5月より、普通免許を取得す
る際に応急救護処置講習の受講が義
務化されました。それ以前に普通免
許を取得した方の中には、実技を伴
った応急手当の仕方を体験したこと
がない方もいらっしゃるでしょう。

応急手当の知識だけでは、もしもの
ときに思うように動けません。

各都道府県の消防本部や病院、日本
赤十字社などでは、応急救護の体験
をすることができる講習会を開催し
ています。

応急救護の体験は交通事故や災害に
遭遇したときに、負傷者へ手を差し
伸べる勇気のもとになり、大切な命
を救えるチャンスにつながります。

これを機会にホームページなどを参
照し、受講してみましょう。

交通事故に遭遇したとき、冷静かつ
迅速に応急手当を行うために正しい
知識を持ち、講習会などで応急救護
の体験をしましょう。

いざというときに、負傷者に手を差
し伸べる勇気を持ち、大切な命を救
えるように日ごろから準備しましょ
う。

【出典:東京海上日動火災保険HP】
http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/

【リアルミッションHP】
http://realmission.co.jp/

【リアルミッションお問い合せフォーム】
http://realmission.co.jp/index.php?info

コメント


認証コード8129

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional