大阪・高槻の誠実な対応で評判な保険代理店 株式会社リアルミッション

女性が気を付けるべきことは?

女性が気を付けるべきことは?

3861b9d91e056323b2153f476b70a990_s[1]

「女性特有のがんの発症が、働き盛りの若い世代に急増中です。」

・乳がんについて

乳癌は女性がかかるがんの中で最も多く、乳癌だけで交通事故の2倍以上の方がなくなっています。
乳がんにかかる人はこの40年で約7倍に増加しています。その理由として。食生活の欧米化に加え、少子化で妊娠経験が少なくなっていることなどにより、乳腺が女性ホルモン(エストロゲン)にさらされる期間が長くなっていることが挙げられます。
欧米では、乳がん検診を徹底することで、実際に脂肪が減ってきています。
アメリカでは8割の人が受けている乳がん検診が、日本では4割程度。がん検診を受けてほしいものです。
また、乳がんは、身体の外から自分で触って異常を確かめることができるがんです。がんの中には1~2割、どうしても検査が追いつかない、進行が早いがんがありますが、乳がんなら、セルフチェックができます。
乳がんが見つかったきっかけの実に56%が、自己触診で異常を感じて病院を受診したことによるものです。がん検診を必ず受けた上で、事故触診も!

・乳がんのセルフチェック

月に一度、整理が終わった4~7日後に行います。習慣的に触れることで、自分のお乳の触り心地を覚えておき、何か変わったら、迷わず専門医の診察を受けましょう。

①まずは、鏡の前で腕を上げ下げして、引きつりなどの異常がないかを目でチェックします。
②次に仰向けに寝て、指でつまむのはなく4本の指をそろえ、指の腹で軽く圧すようにして、しこり(硬い部分)がないかどうか、まんべんなく触れます。
③最後に乳首をつまみ、分泌液がないかチェックします。

・子宮頸がんについて

子宮頸がんは至急の入口にできるがんで、ヒトパピローマウイルスへの持続的な感染が原因です。性体験がある女性の8割近くが感染経験を持ち、そのうちごく一部のケースでがんを発症します。
性交開始年齢の若年化に伴い、近年、20代、30代の若年層に子宮頸がんが急増しています。ですから、20代かあ「がん検診」を受けることが特効薬になります。
子宮頸がんにはワクチンも開発されており、6~7割の確率で感染を防ぐことができます。(数百万回に1回、原因不明の重い副反応が報告され、積極的な接種勧誘は一時差し控えられていますが、女子中高生を対象とした公費助成もあります。)ただし、ワクチンも万能ではないので、がん検診は不可欠です。ぜひ検診へ!

出典:がん検診のススメ第3版

【がん対策推進企業アクションHP】
http://www.gankenshin50.mhlw.go.jp

【リアルミッションお問い合せフォーム】
http://realmission.co.jp/index.php?info

コメント


認証コード2389

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional