大阪・高槻の誠実な対応で評判な保険代理店 株式会社リアルミッション

男性が気を付けるべきことは?

男性が気を付けるべきことは?

b52b7d8be9080ba70ef2c9aa92e2663f_s[1]

「やはり、たばことお酒です。男性は特にストレスで、生活習慣が乱れやすいと言われています。」

臓器別にみると、がん死亡のトップは「肺がん」です。がん全体の約2割にあたる約7万人が毎年亡くなっています。肺がんの最大の原因はタバコ。

タバコの煙には、ベンゾピレンをはじめとする発がん性物質が含まれています。喉や肺のがんを増やすだけではありません。発がん性物質は全身に運ばれ、すい臓がん、肝臓がんなど、難治性のがんの発生も高めてしまいます。あまり増えないのは大腸がんと乳がんくらいでしょう。

タバコがなくなれば、日本人男性のがん死亡全体の約4割がなくなると言われています。

またタバコはがん以外にも、心臓病(心筋梗塞)や脳卒中も引き起こします。喫煙は寿命を約10年縮めるのです。

それにタバコは周りの迷惑になります。副流煙のほうが毒性が強いうえ、フィルターもありません。煙草を吸わない人でも、配偶者が喫煙者だと、肺腺がんにかかる確率が約2倍に跳ね上がります。

・禁煙するには

タバコを吸っている人は「今さら禁煙しても遅い」と思うかもしれません。しかし、禁煙を続ければ続けるほど肺がんで死ぬ確率は確実に減っていき、15年~20年すればタバコを吸わない人と同じレベルに戻ります。

タバコが身体に悪いことはわかっていても、なかなか禁煙に踏み切れない人も多いかもしれません。タバコを吸うと、一時的にストレスがかいしょうされる様に感じるからです。実際はニコチン切れこそがストレス(不安やイライラ)を生み出すモトなのですが。辛いものですが、イライラのなどの禁煙の離脱症状は、2~3日目をピークに、徐々に軽くなっていきます。

じつに喫煙者の7割がニコチン依存症で、禁煙したいと思っていてもやめられないと言われています。ニコチン依存症治療については、公的医療保険が使えるようになったので、なかなか禁煙ができない方は禁煙外来を受信してみて下さい。

離脱症状を防ぐ禁煙補助薬によって、禁煙の成功率は約2倍になります。

出典:がん検診のススメ第3版

【がん対策推進企業アクションHP】
http://www.gankenshin50.mhlw.go.jp

【リアルミッションお問い合せフォーム】
http://realmission.co.jp/index.php?info

コメント


認証コード9134

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional