大阪・高槻の誠実な対応で評判な保険代理店 株式会社リアルミッション

感染による「がん」もあるって本当ですか?

感染による「がん」もあるって本当ですか?

06c16b73bdb1ad1a94810258be070b0a_s[1]

・細菌やウイルスへの感染が原因のがんもあります。

がんそのものは感染しません。
仮にあなたのがん細胞を誰か他の人に移植したとしても、その人にとってあなたのがん細胞は「赤の他人」です。
免疫にとっては「異物」であるとはっきりわかっている相手なので、きっちり退治してくれます。

しかし、それとは別に細菌やウイルスへの感染が原因で、がんになることがあります。衛生環境がよくなってきて減少傾向にあるものの、日本人の発がん要因の約2割を占めています。(欧米では約5%)。

・胃がん:「ピロリ菌」への感染が主な原因ですが、冷蔵庫が普及して、新鮮で清潔な食べ物を食べるようになって、減少し始めています。ただし、衛生環境が悪い時代に乳幼児期をすごした現在60歳以上の人は、7~8割がピロリ菌に感染しているので、慢性胃炎のある人は検査を受けてみるといいでしょう。

・子宮頸がん:性交渉にともなう「ヒトパピローマウイルス」への感染が原因です。コンドームを使うなど、清潔を心掛ければ危険も減りますが「性の解放」のためか、20~30代に急増。性体験がある女性の8割近くが感染経験をもち、そのうちごく一部のケースでがんを発症します。

・肝臓がん:原因の約8割が血液などを介して感染する「肝炎ウイルス」ですが、輸血の血液などからウイルスを取り除くことで防ぐことができます。中高年以上の人は、以前受けた医療行為により感染している可能性もあるので、一度、肝炎ウイルスの検査を受けましょう。

出典:がん検診のススメ第3版

【がん対策推進企業アクションHP】
http://www.gankenshin50.mhlw.go.jp

【リアルミッションお問い合せフォーム】
http://realmission.co.jp/index.php?info

コメント


認証コード6342

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional