大阪・高槻の誠実な対応で評判な保険代理店 株式会社リアルミッション

がんを防ぐには?

がんを防ぐには?

6d48ec8889d5e3d8c6491e097eaae1e9_s[1]

・生活習慣をよくすることでがんを予防できます。

日本においては、男性のがんの原因の5割以上、女性でも3割弱が、喫煙などの生活習慣や感染です。

アメリカのデータでは、がんの原因の3分の1がタバコ、さらに3分の1が喫煙以外の食生活や感染などの生活習慣で、遺伝は5%にすぎません。

・少しの運動でも効果あり

毎日15分程度の軽い運動でも、心血管疾患やがんの予防に役立ち、平均余命が3年延びます。

・肉食はほどほどに

近年、増加しているのは、たばこが原因となる肺がんのほか、男性では前立腺がん、女性では乳がん、子宮体がんなどです。

これらのがんは「欧米型のがん」だと言うことができます。
がんの原因のひとつが「肉食」にあるからです。

男性ホルモン、女性ホルモンは、コレステロールを材料として体内で作られます。これらの性ホルモンの分泌が増えると、前立腺や乳房で細胞増殖が活発になり、その結果、がんができやすくなる傾向があるのです。

また、肉の消費量が多い国ほど、大腸がんが多いことが指摘されています。肉ばかりでなく、高たんぱくでヘルシーな魚も食べる様にしましょう。

・塩分の多いもの、熱いものの取り過ぎに注意

胃がんは欧米では白血病より珍しいがんですが、日本では3番目に死亡が多いがんになっています。
胃がんの約95%がピロリ菌への感染に起因します。ピロリ菌感染によって胃が慢性的な炎症状態になると、細胞のコピーミスが起こる確率が高まるのです。それに加えて塩分の多い食事は、ピロリ菌による炎症を助長するのでキケンです。
熱いものも、食堂の粘膜を傷つけ、発がんのリスクを高めます。なるべく控えた方がいいでしょう。

・食事に野菜や果物を

野菜を小鉢で5皿分と果物1皿分を毎日食べれば、胃がんや食道がんを減らすのに十分な効果があると言われます。
ともかく、野菜を欠かさない様にすることが大事です。

・顔が赤くなる人は、お酒に注意

日本人の場合、お酒の害はかなり深刻です。
東洋人の約4割の人は、アルコールを肝臓で処理する過程で生じる発がん性物質(アセトアルデヒド)を分解するための遺伝子に異変があるからです。
お酒を飲むと顔が赤くなる人、二日酔いがひどい人は、アルコールに由来する発がん性物質に分解できていない証拠です。
飲みすぎるはキケンです。
飲めない人は飲まないこと。飲める人も1日に日本酒なら1合
ビールなら大瓶1本にとどめておくと安心です。
顔が赤くなる人が日本酒1合でやめておくと、食道がんのリスクは半分に減ります。逆に、顔が赤くなる人が3合以上飲むと、食道がんのりすくは10倍。最悪なのは、そういう人が同時にタバコを吸うことで、食道がんのリスクが30~70倍以上にもなります。

・聖人君子でも、がんになる

肉食が悪いからといって、ベジタリアンにがんが少ないというわけではありません。肥満や糖尿病ががんのリスクを高めるのと同時に、「やせ過ぎ」もまたがんのリスクを高めます。結局、がんを予防するには、様々な食材をバランスよく食べることが一番なのです。
ただし、どんなに規則正しい生活を送っている「聖人君子」でも、がんになる可能性は残ります。がんの原因の3分の1は、一種の「運」だからです。

出典:がん検診のススメ第3版

【がん対策推進企業アクションHP】
http://www.gankenshin50.mhlw.go.jp

【リアルミッションお問い合せフォーム】
http://realmission.co.jp/index.php?info

コメント


認証コード1507

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional