大阪・高槻の誠実な対応で評判な保険代理店 株式会社リアルミッション

病気・ケガに備えたい~おすすめ医療保険の選び方~

病気・ケガに備えたい~おすすめ医療保険の選び方~

2995aed65a42099eea2be912cdd0918d_s[1]

おはようございます!

本日は、医療保険の選び方についてお伝えさせていただきます。

突然の病気やケガで入院をすると、治療費や入院費などがかかり経済的負担が大きくなります。そうした突然の出費に困らないように、入院や手術などを幅広く保障する「医療保険」で備えておくことをおすすめします。

また、医療技術は日々進歩していますので、最新の治療方法にも対応した保障を準備しておけばより安心です。最適な医療保険をお選びいただくための「医療保険の選び方のポイント」をご紹介します。

(医療保険の選び方 4つのポイント)

1. 最新の医療事情を踏まえた保障内容
2. 入院・手術以外の保障
3. 自己負担分に備える
4. 先進医療の治療費へ備える

1最新の医療事情を踏まえた保障内容

近年では医療技術の進歩や治療方法の多様化により入院日数は年々短期化し、通院しながら治療やリハビリを継続する方が増えています。入院日数が減った分、早く仕事に復帰できる可能性はありますが、以前と同じように働けず、収入に大きな影響が出ることも。こうした最新の医療事情を踏まえて、医療保険は「保障内容」で選ぶことをおすすめします。

2入院・手術以外の保障

近年、医療技術の進歩により、3大疾病といわれる「がん」「心筋梗塞」「脳卒中」の死亡率は低下していますが、その一方で、在宅で治療に専念するために仕事を退職・休職しなくてはならず、なかには収入が減ったという方も。

退院後に自宅療養となった場合や、病気により働けない状態になった場合をイメージして、保険に加入しておくことをおすすめします。

3自己負担分に備える

大きな病気にかかったら、治療費や入院費がどのくらいかかるのか不安という方も多いのではないでしょうか。手術などで医療費が高額になった場合には、一定の自己負担額を超えた部分が払い戻される「高額療養費制度」を利用できますが、例えば差額ベッド代や食事代など公的医療保険制度が効かない部分は、実費を負担しなければなりません。

こうした自己負担費用と「高額療養費」をイメージして必要な保障額を検討し、自分にぴったりの医療保険を選びましょう。

4先進医療の治療費へ備える

「先進医療」とは、新しい医療技術・患者さんのニーズの多様化に対応することを目的にした高度な医療技術のこと。診療・検査など一般の保険診療と共通する部分は公的医療保険制度の対象となりますが、技術料は全額自己負担しなければならず、最良の治療を選択できない、という場合も。安心して治療に専念するためにも、先進医療の治療費へ備えることも大切です。

出典:東京海上日動あんしん生命HP

【リアルミッションお問い合せフォーム】
http://realmission.co.jp/index.php?info

コメント


認証コード2372

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional