大阪・高槻の誠実な対応で評判な保険代理店 株式会社リアルミッション

現場における親方の責任とは

現場における親方の責任とは

画像の説明おはようございます!

昨日は、夕方から既契約のお客様を伺い
仕事現場でのけがの保険いわゆる「傷害保険」
の満期更改で伺いました。

労災保険の保険金が出るまでの間の治療代な
どの補填的な位置付けの保険になります。

現実問題、労災認定を受ける場合の監督署と
の書類のやり取りは非常に煩雑で給付までの
時間が1ヵ月以上かかるのはざらです。

それまでにこの補填プランでまず保険金請
求をして頂き、けがの治療費の当てて頂きます。

何度も言うように「傷害保険」ですのでケガ
での万が一の場合ケガでの入院、通院に保険
金が支払われます。

この頃は現場の本体の建設会社が下請けまで
保険をかけるのではなく、現場に参加する下
請け会社ごとにけがの保険「傷害保険」と、
現場での賠償責任リスクの回避のための
「賠償責任保険」の加入の有無を確認してか
ら現場参加を決定する流れになっています。

ニーズというよりは強制感の方が強いです。
ただ現場での仕事、作業が起こる場合はだい
大小の企業に関わらず加入は必須でお願いし
たいのが思いです。

昨日でもお客様に現状の加入状況をお聞き
すると、

「入っていないところがまだまだあるわ。
 現場に入るなら万が一を考えて入らん
 とあかんわな。」

とのことでした。

この現状を踏まえて新たな対策を考えている
ところです。

昨日の建設業界の現状をお聞きして今後どの
ように対策を練り行動するか、また他業種で
も同様の行動は可能なのかを考えないといけ
ないと思います。

チャンスにするもピンチにするも考え方次第
です。

行動します。

コメント


認証コード8472

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional